アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「タクティカルロア」のブログ記事

みんなの「タクティカルロア」ブログ


アニメのこととか>1/700のパスカルメイジ出ますって。

2006/07/27 05:18
いや、もう今となってはどーでも良くなってるタクティカルロアなんですけど、まだ、最終回も見てないし。
なんか、パスカルメイジの模型が出るそうで、
詳しくは↓
http://tactical-roar.at.webry.info/200607/article_1.html
っで、値段はっというと、\11,340?一万円?
…モニタ、最近ぼけて見ずらいから、テキストコピーしてワードパットで文字サイズを大きくしてっと。

価格\11,340

…見間違いじゃない(^_^;
ねえねえ、誰買うのこれ?女の子のフィギュアなら、まだしも軍艦でこの値段じゃ、売れないだろう。誰か買う?
タカラトミーも冒険者だな。つーか、弱みでも握られてるのか?そんな感じ。
そんなの出すなら、さんごちゃんの横座りもしくは、ぺったん座りなフィギュアでも出してくれ。
篠塚アラシさんの横に並べて置くから。って、持ってないけどね。

それにしても、まだ人気あるのかねぇ。
良く検索で引っかかって来ている方いますけど。キャプチャー画面でも貼る?じゃあ、こんなのとか。
画像


P.S.なんか某所で知ったのですが、限定400個なんだそうですよ。まあ、それならこの値段も分かります。400個なら売り切れる…かね?
どこぞの通販HPでは「この商品を買った人はこんなものを買ってます」ってあったけど、あれってほんとうか?それなら、予約がいくつかは入ってるって事だし…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アニメ> 空自 対 海自 アニメ対決(^_^;

2006/02/24 03:38
最近、タクティカルロアのかんそーを書いてない私です。
いや、なんか書く気失せました。でも、アクセス需要は多いんだよね。
まあ、その内、書きますきっと。たぶん。

それと対照的に今、留守録を処理している「よみがえる空-Rescue Wings-」なかなか人間ドラマしていて良いですねぇ。この前のF15の落ちる話なんて秀逸だと。
そういえば、小松のF15って、ミサイルの誤射で落ちてるんだよね。幸い人は死んでないけど、落ちたF15が某県某所で、亡骸を晒しているのを知ってます。ミサイルの破壊力ってすごいねぇ。

えっと、タイトルの「空自 対 海自 アニメ対決」もう勝負は見え見えですね。空自の圧勝ですよ。どうみても。おまけに、海自ったら、ネットで機密文書ばらまいちゃうし。海自の広報は頭抱えてるぞ。かわいそうに。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タクティカルロア 第5話 ストライクバック 感想

2006/02/09 04:09
あー、とうとう、生で見なくなってしまいました。っていうか、風呂入っていて忘れてただけですけど。

えっと、ます一番に百合の副大統領。なぜか軍艦オタク(^_^;
うーん、きっと第2時大戦中の軍艦名全部暗記しているんだろうな。ジパングみたいに実際の大和乗ったら失神して卒倒するだろうねぇ。
あと、なんともうしましょうか、ステルス艦に対する見解がなんか私の胸の中を覗かれているんじゃないかと思うほど、的確に表現していました。ステルス艦て、やっぱり寂しいですよ。
実戦になると、砲塔がニョキニョキ生えてきたりすれば、それはそれで、うれしいのですけど。
えっと、その後、艦内見学。やっぱり、主砲にスリスリしたんだろうなぁ。それにしても、副大統領に躊躇しないのだね、この艦の乗組員は。年齢でか?国が小さいから?単純に百合に親近感わくからとかとか。

艦長はやっぱり、Kが初めてだったらしい。でも、身内と女の子は勘定に入らないのでは?

っで、いよいよ、狭い海峡を通って…?マラッカ海峡か?ここは。とりあえずそんな感じ。
なんか、安心し切っちゃってるよ。コールマンの艦長。だめだねぇ。
そこに掃除系(そうじけいって相似形?)の姉妹がコンテナ船に隠したミサイル艇で攻撃っと。
……戦闘これだけ?
えっと、やっぱり沈む(もしくは航行不能)になったコールマン。なんか弱いねぇ。
ミサイルゴンゴン当てられちゃって、反撃できないし。まわりに当たる当たるって、まわりに大して船いないし、もしミサイルがだめなら主砲があるだろうに。
ここで、バンバン撃ちまくって、一隻でも沈めてくれていれば、少しは満足だったのですけどね。制作スタッフは全然わかってないのね。ミサイルだけの戦闘なんてつまらないですよ。
そういえば、コールマンの艦長、パスカルメイジを逃がして、実況では漢だなんて言われてましたけど、あれ、予定通り副大統領がコールマンに乗っていたら、マスカルメイジは盾になれでも言っていたんじゃないのかねぇ。
いや、ただなんとなく思っただけですけど。

ここで、副大統領、艦橋に乱入!いろいろ理屈を並べてましたが、つまりは戦闘が見たいだけなのでは?
やっぱり、艦艇同士の戦闘なんて、滅多に見られるもんじゃないし。
でも、結局は上記の通り、一方的にやられてるだけ。きっと、副大統領はこうおっしゃったに違いありません。「ええーい、そこにぶらさげてる太いもんはただの飾りかー!」(^_^;…とってもお下劣。

っで、なんやかんや、廃墟に行って、花束の少女なぜか居て、周りの監視にVTOL飛んで。
とんだ後、甲板見ると手振ってる人がいて…そんなとこいるとエンジンに吸い込まれると思うのですけど。
そんなところで今回終わり。ああ、ブービートラップとかもあったっけ。

次回はよく分からない話ですねぇ。まあ、もう期待はしないから、好きにやってください。

ところで、テクティカルロアの監督って、「アキハバラ電脳組」とか「ぴちぴちピッチ」と同じ人だそうで、あと、今やってる「陰からマモル」もなんですねぇ。
…なんとなーく流れが見えるよーな気がします。orz
いや、「アキハバラ電脳組」も「ぴちぴちピッチ」も好きですよ。
でも、ピッチの「マーメイド」があまり関係なかったように、「護衛艦」もあまり関係ないのかな?っていうか、単なる背景にすぎないっていうか。
そう考えると、戦闘は期待できないな。っとすると、女の子主体だよね。どんなになるか想像付くな。

きっと、その内、艦内カラオケ大会とかあるに違いない。で、艦長がEDの歌を唄うっと。ナデシコで同じシチュエーションあったね。じゃあ、好物の食べ物の歌をスク水で…(^_^;。
「相似形のゆううつ」なんて話で、百合姉妹が悪巧みするのだが、すぐにパスカルメイジがやってきて、失敗する。そんなこと何度か繰り返して、今日のパスカルメイジは変だーとか。
じゃあ、百合姉妹が姉妹喧嘩する話もあっていいな。あと、艦長の弟を誘拐するけど、好きになっちゃうとかとか。
…なんだ、とっても楽しいじゃないか。
これからどうなるのかねぇ。これで、よいのかねぇ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


タクティカルロア 第4話 Kのある風景 感想

2006/02/02 19:57
危険な姉弟ってマジですか?ってな感じな第4話。なんだかねぇ。あっちは妹だけどねぇ。

うーむ、思いっきり遅れましたな。感想。まあ、なんていうか、なんかどーでもよいかと思ったりして。
とりあえず、たまった留守録を編集整理保存するついでに、見直したりしたので、ついでに。

まあ、第4話の感想。冒頭の個人授業シーン、私には姉妹がいないので、わからないのですけど、こんなに意識するものなのかなぁ。姉の胸にどきどきって言ったって、毎日見慣れている物ではないのでしょうか?そんなドキドキしてたら、若い男の子は大変だよ。きっと、この姉ちゃんの雰囲気だと、風呂上がりはタオル一枚で平気で歩き回りそうだし。それとも、もう両親は離婚していて、久しぶりに会った姉にどきどきなのかな?

慰安用特殊装備置き場って、CICの制御室だったのかぁ。なんかよくある話だよねぇ。私もどこぞで経験しましたよ。非常用設備の制御盤前に積みかさなるいろいろなもの。
それにしても、この荷物、個室に押し込まれたけど、そんなに量多いのか?それとも、部屋が小さいのか?士官クラスの艦長の部屋はある程度は広かったけど、彼は身分的には、どういう扱いなんだろ?技官扱いじゃあないよなぁ。部屋狭そうだし。
結局、姉の艦長の部屋に同居。レントンみたいに格納庫でテントとか寝袋でとかでなくてよかったねぇ。
艦長の部屋に泊まるようになったら、艦内あやしいうわさ話で持ちきりに。
乗組員が女性だけだとやっぱり、こういう状態になるのかね。かしましいって感じ?
彼が来る前は、やっぱり、艦長×副長ですかね。

っと、そこで、ときめきのアクシデント「Kのある風景」発生!。いや、もうなにがなんだか。
私のファーストキスー!みたいな言葉がないとこ見ると、初めてじゃあないのね。相手はだれでしょう?やっぱり、弟ですか?それとも副長とかとかとか(^_^;
そういえば、社内での会話で艦長の恋愛方面がなんて会話あったけど、その辺考えると、やっぱり、弟?まあ、小さいときならあってもおかしくはなさそうだが。

そうそう、テロリストのゴスロリ姉妹のシーンでテレビの写りが変になったんですけど。色が黄色っぽくて見づらくなってた。なんだったんでしょう?っていうか、いきなり銀塩系をいじり出すなよ。意味わかんない。

うーんと、あとは、艦内廊下に工具箱置くなとか。懲罰ものだと思います。この艦には鬼軍曹いないのか。えっと、あとなんだろう。

あとは、もうひとつの「Kのある風景」。
なんで、キスしてくるのかわからないですけど、かなり、くちゃくちゃしてたみたいです。でも、糸は引かないのね?こういう時、糸引かないでどーする。やっぱり、シーン選択まちがえてるぞ。

次回は再び戦闘状態。もしかして白兵戦?っていうか。女の子ばかりでどーするの。
僚艦コールマンだっけは沈むんだろうな。きっと。そしてどこぞの廃墟に…
今度は期待してよいかな?

長くなったけど、続けてっと。
艦名のパスカルメイジの綴りって、OP見ると、艦載機の機体に書いてあるのね。
「Pascal magi」だって、magiだって、マギ。東方の三博士の事らしいんですけど、関係なさそ。
ぐぐってみると、、抽象画家の名前と。…あってるのかねぇ。
まあ、他の艦の名も人名みたいだから、人名は確かかも。

OPつながりで、OPよく見るといろいろ、細かいシーンが挿入されているのですね。慶良間諸島の謎事故とか、艦長副長と同期のリデルにいる女性とか。変な書類の表紙とか。エウレカセブンとか古くはエヴァかを彷彿させますね。割と深い設定がちゃんとされているのかも知れません。まだ見えてこないだけで。

あと、毎回どこかにちらっと出てくるEDの少女。通称「タクティカルロアの花束の少女」(マクロス7参照)(^_^;
普通の人かとも思ってたのですが、次回予告で、廃墟にいたりしてるんで、なにかのイメージなのかも。第4話でも、冒頭で艦長の持ってる枕?に書いてある、つぎはぎくまのぬいぐるみ持ってたりして、なんか変です。なんでしょう?

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


タクティカルロア 第3話 微笑と笑顔 感想

2006/01/23 23:28
うーむ、かんそーっていってもねぇ。一見していても、頭に残らないのですけど、特に。

まあ、調査委員会で、軍が相変わらずだとか、怪しいRIDILとか言う組織があるとかそういうぐらいですか。あと水着と透けたニップ(^_^;

なんか、組織の構造とかが、なにか、こうすっきりしてないって言うのか、よくわからないのですけど。洋衛軍と民間警備組織の関係とか、パスカルメイジ側のおっさん二人の地位というか、組織内の位置というか。なんか、裏付けがないから全般的にキャラが薄ぺらいです。

グランドロアだっけ、あの大嵐にしても、そこのあるだけで、何の説明もないし、原因とかの匂わせもない。実は異星人がとか、地球空洞説で大地に穴が空いてとか。現状で存在する物に対しては、なにかほしいですね。原因不明ではなく。
艦名についての説明も欲しいぞ。なんか、「パスカルメイジ&意味」で検索されてましたよ。あと、たしか、乗組員が女の子ばかりの説明もなかったよね。

なんにしろ、風呂の湯気のようにモヤモヤしすぎ。水着描いてる暇あったら、少し説明しろ!
それとも、説明しない意図でもあるのかな?でもこれじゃあ、視聴中止とか、実況中止とかになっちゃうぞ。
他の作品を例えに出すのはあんまりですけど、機動戦艦ナデシコはそう言う意味ではよくできていたと思います。説明するおばおねえさんまでいたしね。
…それとも、私がいろいろ見落とし聞き落としているだけかなぁ。

んー、浜辺ではさんごちゃんが妖しいカメラカットで辛いアイスなめてるし、糸ひくし。なにがしたい?スタッフ。こういうことするのは違うキャラなのでは?いや、まあ、いいけど。
最近、中の人の植田佳奈が大阪弁でしゃべってないと違和感があります。連続2作品そういうの見てたからね。
その隣のみはるちゃん。どーしても、ルリちゃんに重なりますが、こういうシーンでは。意図的?じゃないよね。3歳で研究所とかとかとか。
ところで、融けた真っ赤なアイスが気持ち悪いです。血みたいで。

…宴会とか色々あったけどまあIいいや。
民間艦だから、当直勤務ってのはないのね…ないのか?港にいるときは完全にお休みか。
休みだからといって、整備のシーンか何かはほしいね。艦載機の調子見てるとか、何でもやりようありそうだけど。

…なんか書いていても、アラしか出てきませんねぇ。こまった。
よい点と言ってもねぇ、戦闘シーンのないキャラクタ萌えなサービス回に何を期待する。
ああ、とりあえず、さんごちゃんは趣味です。キープしておきます。ぐらいしか…
あと、双子の片割れの中の人、新井里美かな?どこぞでは、それしか見所(聞き所?)ないとまで言われてたし。

艦長と弟って、実の姉弟だよねぇ。あのシーンはなんですかねぇ。久しぶりにあった姉は大人の色香を漂わす女性になっていたのだった。そんな姉に、おもわず…。なのか?同人ネタだぞ。それは。

そういえば、弟はここで、退場だけど、やっぱり、あの貰った150TBのディスクの内容がすごいんで、もっと調べてこい!って感じになるのかね。それとも出番はこれだけ?
150TBってのもすごいよね。そんな大きい必要ないと思いますが。人工知能ベースのプログラムがデータ込みで入ってるのか?艦内システムのバックアップとか。
…艦内の監視カメラの映像とかCIC入る時のID系(スリーサイズ(^_^;)とかも一緒に入っていて、もっと手に入れてこい!だったりしてね。
まあ、某MS社とI社の陰謀で必要メモリサイズはどんどん大きくなってるから、考えられない話じゃないけど。
それにしても、やっぱり、回転メディアなのですね。カードでもスティックでも良いじゃん。

次回…何を期待してよいのやら。そろそろ、あちこちで、かんそーも切られていくのでは。と思いますが。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1


タクティカルロア >第2話彼女の理由 感想。

2006/01/17 04:35
割と受けがよかったので、続けられば続けましょう。言いたい放題なんですけどね。

っで、第2話です。前回の次回予告だと、なんか、艦長の独り言で済まされていて、こう、なんていうかね、弟(だっけ)との間にやきもきみたいな描写があるのかと思えば、全然なく、それでは、いよいよ海賊との対決!と思ったら、海賊だらしなく。では、おっぱい!おっぱい!かと思えば、前回比1/50位だし。

まず、海賊との戦闘。
なんか、盗まれた最新鋭の軍艦、それも、戦艦とか言っていたような気がしましたが、どうなんでしょう。
その割に攻撃力なさ過ぎ。戦艦ていうのはだねぇ。遠距離からどすどすと…まあいいや。(^_^;
ああ、実験艦ですか。戦艦って言うのはセクハラ親父が言ってただけですか。

最初、艦橋部だけ出していて、いざとなると、姿あらわす半潜水型のステルス艦で、おお、これはっと思ったけど、よく考えたら姿表しちゃまずいよね。それに嵐の中は潜ってたほうがよいのでは?
おまけに、あっけなくミサイル2発も当たるし。探知してるんなら、何とかなるだろう。20秒もあれば迎撃しろよ。量子コンピュータは張りぼてか?張りぼてかぁ。
そういえば、センサーのリスタート(だっけ)がいるのか。天候変わると。
すぐ逃げ出す乗組員もなんだかねぇ。さすがに不沈艦てのはありえないけど、フォークランド紛争のシェフィールド以後ミサイルに関してましになってる気がするのですけど。現に沈まず回収されたみたいだし。

じゃあ、次はパスカルメイジ。もうアリスブランドでいいよ。
もしかして、人名か?明治パスカル提督とか。そう言えば、大昔にパスカルって言う美少年探偵の出る少女漫画あったよねぇ。
なんか、大嵐でとっても揺れ杉なんですけど、あんなに揺れるかねぇ。でも、それで胸は揺れないのね。なぜ?艦橋とCICは球状構造の中で防揺してあるのか?…保健室は?
発射したミサイルは巡航ミサイル型?で海面すれすれ飛んで行くし、2発海にすくわてれて不発だし。
まあ、実際もこんな感じなんでしょう。嵐の中では。
保険官だっけ?あのセクハラ親父。これからもずっと乗ってるのかねぇ。なんか、あそこまで、顔近づけられると、たばこ臭そうです。副長カワイソ。

ここまでで、前半が終わり。…戦闘もこれで終わりだね。なんか寂しいねぇ。
後半は銭湯か?かと思ったけど、今回はないのね。戦闘終わったんだから、シャワーぐらい浴びろよ(^_^;
なんか、やっぱり、中途半端ですねぇ。
えっと、どこからか涌いてくるデッキブラシ投げとか、制服がナデシコを彷彿させる(だいだい色が同じ色目だし)女の子、えっと翼くんだっけ。にモーションかける男とか。

っで、ゴスロリ。マレー語で話すゴスロリ。銃で艦長脅すゴスロリ。お姉さまに陽動が甘いと言われて殴られるゴスロリ。
まあ、陽動が甘いって言うか、陽動したか?人質取るのは陽動じゃないし。やっぱり、町中でドドーンとするのが陽動のような気がするけど。検問所爆破でもよかったし。

自力で脱出してくるお姉さまって、いったい人間ですか?
建物爆破してたけど、どこに爆薬を隠していたんでしょう?いや、まあ、どこかはわかるけどね、女の子は甘い物が入るところが違うって言うし。ニトログリセリン甘いし。
っていうか一番甘いのが身体検査です。洋衛軍だっけ?この組織は、ダメダメですねぇ。艦も盗まれるくらいだし。

っと、ここで、艦載機の前進翼VTOLの出番です。どんな風に発進するのかなぁ。やっぱり、エンジンの噴射を偏向させて、上昇かなぁ。なんて思っていたら、そのシーンは無しでした。orz寂しい。
そのあと、水バッグを車に落としたりしてましたけど、まあ、出番はこんなものですか。

みんな駆けつけて艦長囲む図で、いきなり泣き出す艦長。もしかして、前回の予告に関連する分てここだけ?
ずーっと艦長は予告のように思っていても、物語は、あくまでも艦長以外の視点だったのですねぇ。

次回は再びサービス回ですか。完全に陸(浜辺も含む)の回だな。コスプレとか水着とか。近親相姦とかとか(^_^;
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


アニメ>タクティカルロア 第1話感想っと。

2006/01/09 09:18
とりあえず、アニメの感想なので、こっちにもっと。

日曜深夜23:30 千葉テレビで始まった「タクティカルロア」っという「護衛艦で闘う女の子は嫌いですか」だっけ?な宣伝文句の海戦風味っぽいアニメの感想でも。

いろいろな状況によって、海賊が跋扈するようになった未来の地球の海で、民間船を護衛する護衛艦に乗り込んだ女の子の話です。なんか前進翼のVTOLとかもあってなかなか期待大です。

護衛艦で海戦といえば、やっぱりCIWSがズペペペーッ、OTOメララの76mm砲がドンガドンドンッ、アスロックがシパパーンてな感じでジパング真っ青な内容になってくれるととてもうれしいですね。

いちおう、イントロダクションでは軽い戦闘があって、それっぽいんですが、それっぽいんですが、それっぽいんですが…、実際に目にしたのは、
女の子がいっぱいシタタターン、
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!ババンガバーンッ
 ⊂彡
風呂場の湯気がモヤモアモヤ、そこ、湯気薄いぞー。

(つд⊂)ゴシゴシ ( ゚д゚)ええっと、なに?
この護衛艦、ほぼ女の子しか乗ってないんですけど。いわゆるハーレムアニメでしたかぁー。orz
せめて、ナデシコぐらいな男女比率にして…意味無いか。

おまけに、艦名が「パスカルメイジ」、日本語使ってるのに日本名じゃないのかよ。某宇宙護衛艦だって、一応は日本語だったぞ。(神の名をつけるか?というのは別として)。

この先も、やっぱりこんな展開なんだろうかねぇ。
そういえば、ED見てたら、海自の「はるさめ」に取材に行ったらしいし。せめてその辺だけでも生かしてください。
海自の人も見てたのかなぁ?見ていてびっくりだろうなぁ(^_^;

次回から本格的に銭湯戦闘に入るみたいだけどねぇ.どんなもんだろうね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


トップへ | みんなの「タクティカルロア」ブログ

霧月研究所 業務日記 タクティカルロアのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる